Search

転職して「成功」したと実感でできるポイント

転職するにも時間と労力が必要となります。せっかく転職したのだから、「この転職は自分にとってプラスになった」と思いたいですよね。ではどんなときに成功したと思えるのでしょう。

転職者が新しい会社で、まず「成功した」と思えるのは、上司や同僚が上手く自分をサポートしてくれたから、といいます。
社内のネットワークの繋がりを構築できるように、顔合わせや紹介をしてくれたからだそうです。大きな会社ほど、新しく入社してきた人の把握は難しいもの。なにかプロジェクトに携わったとしても、いきなり見知らぬ新人と仕事をするのは不安がつきもの。そのため、仕事がなかなか捗らないこともあるそうです。

飲み会や、ランチなどで人とのコミュニケーションを円滑に行えるようにサポートしてくれたのは、成功だと感じたひとつの理由だといいます。

これはわかりやすく成功したと実感できますね。
あきらかに前回よりも報酬があがっている。それも、自分の労働に見合った報酬ならばなおさら「成功した」と実感しやすいですね。

しかし、殆どの場合、転職したばかりの頃は前職よりも報酬は下がる傾向にあります。入社してすぐに、前職より報酬があがるのはごく一部。
例えば、地方から都会へ転職した場合は同じ業種でも上がりやすい傾向になりますが、同じ都心部での転職では、むしろ下がる可能性もあります。
なぜなら、勤続年数が0年からのスタートになるからです。
それでも、相手企業への交渉、または見極め、そして自己分析を正確に行うことで報酬アップの可能性は高まります。

以前の会社では、プライベートの時間はほとんどなかった、なんてことありますね。自宅に帰れたらいいほう、ほとんど会社に寝泊まりなんてこともあるのではないでしょうか。
そのうち、どんどん何のために働いているのかわからなくなってくる。

しかし、転職した今はプライベートの時間に余裕がもてるようになり、趣味をはじめ、スキルアップのためのスクールにも通えるようになった。そんなときは、転職が成功したと感じるようです。

つまり、転職する原因が、実際に解消されたときに「成功した」と感じやすいようですね。

©転職の取扱説明書 . All Rights Reserved.