Search

転職面接が上手く行かない理由はここにあった。話し方を変え突破口を見出そう!

就職試験では履歴書や職務経歴書、筆記試験などすべてが採用の有無の大事な基準となりますが、転職において一番合否に関わるのが面接になります。だからこそ、この面接でのやり取りが上手く行かないと、どんなにその会社に転職したくてもそのことが伝わらず、転職が失敗してしまう可能性を高めてしまいます。そこで今回は転職面接において話し方を変えることにより転職成功への可能性を高めてもらいたいと思います。

そもそも何を話せばいいかを分かっていない

転職面接がなかなか上手くいかない人は一旦面接のことは置いておいて普段の自分がどういう会話をしているのかを考えてみてください。話す内容をよく考えないまま、何を話せばいいのか分からず話しだしてしまっている人も多いのでは無いでしょうか。面接対策として絶対に質問されそうなことにおいては誰もがシミレーションしていると思いますが自分の普段からの話し方までは改善する人は少ないと思います。まずは普段の話し方一つにしてもいきなり話し出さず、自分が何を話すのか考えしゃべるクセをつけていきましょう。

話の着地点が見えていない

上記でも話しましたが何を話せばいいのか分からなまま話しているということは自ずと話の着地点が見えないまま話しだしてしまっているということになります。話の着地点が見えないまま話しだしてしまうと会話が浮ついてしまい聞いている側は何を言いたいのかが分からなくなってしまい、伝えはたいことも伝わらなくなってしまいます。

着地点から話す

では話の着地点が見えないまま話してしまっている人はどうすればいいのか、それは話の着地点つまり話の結論から話せばいいのです。話の着地点から話し出すということは、相手に何を言いたいのかの全貌はとりあえず伝わることになります。
面接においては、一つの質問に対して自分の思いを長く話すよりも、短く簡潔に伝えた方が相手も理解してくれます。まずは話の全貌を最初に見せておいて、あとは補足程度に話していきましょう。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが転職において合否を左右するのが重要度の高い面接です。その面接において上手く話せず、相手に何を言いたいのかが伝わらないと、当たり前ですが転職活動も上手くいかなくなってしまいます。まずは普段から相手に自分の言いたいことが上手く伝わるように話し方を改善していくことが、転職成功のカギとなります。

©転職の取扱説明書 . All Rights Reserved.