Search

35歳過ぎてからの転職は、どこを強みにすることでスムーズに出来る?

転職活動をするのに適切な年齢は何歳かを考えたことがあるでしょうか。人生のプランや目標から考えると、30歳までは新卒から入った会社に入り仕事とは何かという面でさまざまなことを学びます。そして、この期間を過ぎると自分のやりたい夢を実現させるために、次の会社へ転職する。そんなことを考えるのが理想と思えるかもしれません。しかし、人によっては、年齢がある程度達してきた後で転職活動をするという人もいます。この場合、転職活動をするのは不利になるのでしょうか。年齢がある程度いくと、家族のことや仕事がない状態を続けてしまうと、プライベートにも影響を与えてしまう。そんなことを考えてしまう人もいるかもしれませんが、 果たして本当に転職活動は不利になるのでしょうか。今回は、35歳過ぎてからの転職活動について考えていきましょう。

35歳からの転職は不利なのか

35歳からの転職活動は、本当に不利なことなのでしょうか。35歳を過ぎると、転職する際の枠では、キャリアがある程度あり即戦力となる人として会社は見てきます。そのため、会社に転職したらすぐに、役に立つような動きを要求されるのです。同じ業界の人であれば、今までの経験を活かすことが出来るので、無理なく転職活動を終えることが期待されます。同じ業界であれば、ある程度前の仕事でのキャリアを見れば、どのような能力があるのか。ということがよく分かるからです。しかし、そうでないとどうでしょうか。普通に考えれば、全く異なる業界だとその業界の常識等を教えていかないといけないので、扱いにくいと考えるかもしれません。 しかし、実際にはそうではありません。異なる業界の血を入れることで、会社にとって新しい発見を見出そうとする会社もあるからです。

自分の立ち位置を理解した上で転職活動をしよう

35歳以上の転職は、難しいということではありません。大切なのは、転職活動をした際、自分はどのような効果を発揮することが出来るのかをはっきり理解しておく必要があります。この立ち位置をよく理解しておけば、自分がどのような戦略をもって転職活動をすれば良いのか。ということが見えてくるからです。

まとめ

転職活動には、はっきりとした年齢制限はありません。もちろん、年齢が高くなると転職出来る幅が狭くなることもありますが、 あなた自身が、今までのキャリアで何をしてきたのかをしっかり示すことが出来、自分のビジョンが見えていたら問題はありません。大切なのは、自分がどのような転職活動をしたいかということです。

©転職の取扱説明書 . All Rights Reserved.