Search

採用したくなる履歴書を作成しよう 〜履歴書で勝負を決めるコツ〜

転職活動をする上で、第一関門といえば、書類選考である。いくら人間力で勝負することが出来ても、履歴書で落選してしまっては意味がありません。突破するには、ちょっとしたコツがあるのです。しかし、そのちょっとしたポイントを軽く見過ごしがちなのも事実です。履歴書くらいと思われがちですが、そうではありません。履歴書をうまく書くことによって、面接を有利に進めることも可能ではありません。つまり、履歴書をしっかり書くことが出来れば、転職活動を優位に進めることができるのです。
今回は、面接官が唸るような履歴書のポイントを整理してみましょう。

履歴書は、大きな1枚の名刺である

履歴書を書く時に、よく陥りやすいのが、自分がどのような肩書きでどんな会社にいたのかということを書く人が多くいます。しかし、そうではありません。履歴書は、自分がどんな人なのかをアピールする名刺なのです。その点を注意して、履歴書を書くことがとても大切です。これを考えていないと、職歴の欄に、自分はどんな会社にいたのかということをやたら強調してしまいます。しかし、そうではありません。大切なことは、自分がどんな仕事をしてきたかということです。職務内容を中心に書いた履歴書にすることで、あなたがどんな人物かということが一目瞭然になってきます。このような工夫も、履歴書を書く上では大切です。

自己アピールは、キーワード決めてアピールせよ

履歴書の中でも、重要度が高いものといえば、自己アピール欄です。ここでは、自分が何者であるかということのほかにプラスαで伝えなければなりません。しかし、ここをやみくもに書けば伝わるというものでもないのです。そこで、大切になってくるのは、キーワードを決めて伝えること。あなたを紹介するにあたり、キーワードは、一体何か。その点を考えて、自己アピールを書くことで、仕事に対して一貫性を持った人であることがアピールでき、好印象となります。このように、ちょっとしたテクニックを要所要所に用いていくことで、採用側に確かな印象を与えていきます。印象を与えることが出来れば、面接も怖くありません。

まとめ

今回は、転職活動における履歴書の作成方法について説明してきました。今回紹介した以外にも気を配る場所は、たくさんあります。写真もその1つです。見た目の第一印象もとても大切な要因なので、工夫することも心がけることが大切です。相手がどんな人物を採用したいのか。そのことを考えながら履歴書を作成することが、第一関門を突破するためのヒントと言えるのではないでしょうか。

©転職の取扱説明書 . All Rights Reserved.