Search

転職面接ではこれが一番面倒くさい?履歴書の準備とそのタイミング

転職面接に限らず採用試験を受けることになれば必ず履歴書というものを提出しなければなりません。この履歴書は自分という、いわば商品を企業にプレゼンする大事なものであり、自分本人よりも企業側が目にするものになります。しかし本音をいえば「書くのが面倒くさい」と思っている人がほとんどだと思います。しかしこの履歴書を意識することこそが採用を勝ち取る最初の一歩なのです。そこで今回は転職面接で一番面倒くさい作業である履歴書の準備とタイミングについて話していきたいと思います。

事前に使える履歴書を作っておく

まず履歴書を作るのが面倒くさい一番の理由は「丁寧に書かかなければならない」という点にあると思います。履歴書はボールペンや万年筆で書く為、ミスが一箇所でもあれば一枚の履歴書が使えなくなってしまいます。だからこそ採用試験が決めってから書き始めては焦りが出て結果面倒くさくなってしまうのです。そこで解決策として履歴書は採用試験が決まっていない段階で書き始め、使える履歴書を事前に何枚か用意しておくだけ気持ちに余裕が生まれます。

採用試験が決まってから必要な部分を足せば良い

しかしまだ転職先候補も定まっていない中、事前に履歴書を用意しておいても実際に使えなくなってしまうのではではないかという疑問を持つ人もいるかと思いますが、それを解決する方法として後から必要な部分だけ付けて足せるようにしておけば良いのです。履歴書に記載する過去の事柄は後から変わることがないので事前に書いても支障が出ません。それに後から書き足すものを挙げていくと年齢や志望動機、職務経歴の一部ぐらいです。
ですから上記でも話した通り事前に使える履歴書を何枚か用意しておいて、間違えても平気なようにしておきましょう。

速やかに提出することが大事

やはり履歴書の提出を企業側から求められたら一日も早く速やかに提出することをオススメします。提出物はない事においても早いほうが良く、どんな性格の採用担当者でも履歴書が早く送られてきてマイナス評価を下す人などいるわけがなく、もし提出物にシビアの採用担当者だった場合そこでのマイナスポイントを貰うことはありません。そのことから性格の分からない採用担当者を提出物に厳しい人と想定をして、速やかに提出することを心がけましょう。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが転職面接の際、面倒くさいと思いがちな履歴書ですが採用試験が決まる前に事前に準備をして、直ぐに使える履歴書を作って、決まってから必要なところのみ付け足せるようにしておけば気持ちに余裕ができ、面倒くさいと思う履歴書の提出が楽になります。また履歴書は採用担当者が提出物に厳しい人だとあらかじめ想定をして速やかに提出することを心がけましょう。

©転職の取扱説明書 . All Rights Reserved.