Search

新天地での転職?異業種という新たなチャレンジ

なんらかの理由で、同じ業種で働き続けることに嫌気がさしてくることもあるでしょう。そんなときは、違う業種へ転職したいと考えているはず。新しい新天地でのチャレンジは、はたして成功するのでしょうか。

それまでとは全く違う別の業種へ転職するのならば、それはとてもリスクが大きい転職となるでしょう。

まず、いわゆる第二新卒や中途採用として企業側が欲しいのは、その業界の経験者です。いちから育てていくのではなく、即戦力となる人物が欲しいと企業側は考えています。
そのため、募集要項を見ても「経験者のみ」と書かれていることが多いでしょう。
では「未経験者でもOK」と書かれていたら、すんなりと転職できるかといえばそうとは限りません。

まず、まったくの未経験者であれば報酬のダウンは考えておいたほうがいいでしょう。そして、そこからまた、新たにスキルアップのために自分を磨く努力をしなければいけません。それだけの労力が必要となってくるのです。

まったくの未経験者でも雇ってくれる業種はあります。しかし、それは逆をいえばそれだけいつも人手が足りない業種ともいえるでしょう。

その業界にとても魅力を感じているのであれば、やりがいを感じるかもしれません。しかし、そうでなければ、自分に合わずに結局辞めてしまう可能性もあります。

そうならないためにも、まったくの異業種ではなく、ある程度その業界のことを知っている業種への転職もいいでしょう。
例えば、前職と近い業種ならば、その業界の雰囲気もある程度は知識としてもっているかもしれません。

転職といえばどうしても成功者の意見ばかりきいてしまいます。それはとてもいいアドバイスになるかもしれません。しかし、同時に失敗者の意見も、きいておいたほうがいいでしょう。
なぜその人は転職に失敗したのか。
できるなら、話をきく転職者は、今自分と似たような悩みを持って転職した人を探したほうがいいでしょうね。そして失敗者から見えてくる改善点を分析し、異業種への転職にチャレンジしてみましょう。

©転職の取扱説明書 . All Rights Reserved.