Search

転職活動の狙い目はいつ?スムーズに転職するために計画を立てる

転職を考えるにあたって仕事や給与について深く考える人は多いですが、転職活動の時期について考える人は少ないと思います。実は転職活動を行うときにも活動の時期が重要になります。

転職活動はどれぐらいかかる?

転職活動の一連の流れとしては、志望する会社に応募し面接に進んで企業が採用したいと思えば内定を得ることが出来ます。これら一連の流れで転職先が決まるまで1~3カ月の間に5~6社に応募する人が多いです。しかし、応募する業種を絞り会社を選ぶまでにはさらに時間が掛かりますし。前の職場を問題なく円満に退社することも考えなければならないので転職に向けた準備から実際に転職するには一年以上かかることもあります。

準備期間から転職するまでの計画を立てる

転職するには準備期間から実際に活動を行い転職するまでの計画を立てて活動することが大切です。転職活動の長さを考えるにあたってはいくつかのポイントがあります。一つは志望業界をはっきりさせることです。志望業界をはっきりさせることでその業界の動向や求人状況・応募条件に関して情報収集が出来ます。その業界の応募しやすい時期や選考の倍率などについても把握しておきましょう。次に自己分析です。自分には転職を志望する業界や職種でどのような能力や資格を活かすことができるのか、適性や採用基準を踏まえた自己評価をしてその業界や会社で採用されるのか自己評価をしましょう。最後は今の職場との兼ね合いです。今の職場を退職するときには仕事の引き継ぎが必要になります。また、業務が忙しい時期を避けて円満に退社することを念頭に置きましょう。転職活動には失業のリスクがあり、収入が無くなっても生活費などはかかってしまいます。最低でも半年分を目安に当面の生活費を用意しておくことも忘れてはいけません。

転職に適した時期

中途採用は新卒採用とは違い、一年を通じて行われています。転職活動を行う時期は一般的に3~4月と9~10月が新規求人が増えるため適しています。この時期は年度が切り替わる時期のため、定年や自己都合による退職者が出た分補充で人員を採用したり新規事業のための人員を採用したい会社が増えるためです。ただ、同じような転職希望者がたくさんいるため競争が激しくなることも忘れてはいけません。そのため最適な時期を逃さないためにもしっかりと準備を行い転職活動を有意義なものにしましょう。

©転職の取扱説明書 . All Rights Reserved.