Search

活躍の場が広がる柔道整復師

スポーツの世界ではケガはツキモノです。また、ケガの予防も大切です。ケガをしたときのリハビリやそれらを防ぐ予防、体のゆがみなどのバランスを整えたりするのが柔道整復師の仕事です。

柔道整復師の仕事

柔道整復師とは接骨院や整骨院で骨折した人や脱臼した人に対して病院の医師のようにメスを使わずに素手で施術を行う仕事が一般的です。人間が元々持っている回復力を利用して治療する東洋医学の一つです。戦国時代の兵士の傷を治すための柔術が起源とされています。治療は自分の目で見る視診と実際に患部に触れることでケガの状態を判断して適切な処置を施します。近年は病院や接骨院だけでなくスポーツ選手の体のバランスを整えたりケガの状態を判断するスポーツトレーナーや老人ホームで入居者の運動をサポートするために必ず一人はいる機能訓練指導員など活躍の場も広がっています。転職して手に職付けたいという人も増えています。柔道整復師は整体師と同じ仕事だと勘違いしている人が多いですが、実は大きな違いがあります。それは資格の違いです。柔道整復師は整体師と違い国家資格です。そのため保険が適用され、保険証を持っていけば診察代が安くなります。一方整体師は民間の資格であるため保険が適用されません。

柔道整復師になるには

柔道整復師になるには国家資格を取得するのが条件ですが、その国家取得を取るにも条件があります。文部科学大臣の指定した学校や厚生労働大臣指定の柔道整復師になるための専門学校や大学で3年間勉強する必要があります。医療行為を行う仕事のため、解剖学や生理学などの体に関する基礎的な勉強と柔道整復に関する理論や実技、リハビリテーションに関する専門的な知識を学びます。それらの学校を卒業すると柔道整復師の国家資格試験を受けることが出来ます。国家資格試験は年に1回実施され、筆記試験が出題されます。その試験に合格すると柔道整復師になることが出来ます。

柔道整復師の条件

柔道整復師に必要なものは技術以外にもいくつかあります。まずは体力です。一日中患者の施術を行うのは体力勝負です。コミュニケーション能力も必要です。施術を行う際は外科的な手術を行うわけではないので自分の目と触診と患者さんとのコミュニケーションが施術では大事になります。それは患者から信頼を得るには大切です。将来的に独立開業を考えている人は経理など経営の勉強も必要です。

©転職の取扱説明書 . All Rights Reserved.