Search

本当に男女平等?女性の転職が難しいとされているその理由とは?

一昔とは違い近年、多くの企業で男女が平等に働けるような取り組みをするようになり男性も女性も同じステージで働けるようになってきました。しかし転職活動においては本当に男女平等、同じステージで活動できているのでしょうか?そこで今回は女性の転職が男性より難しい理由を話していきたいと思います。

寿退職

まず転職者を企業が採用するということは、即戦力で長期的に働いてくれる人を多くの企業が求めています。そのことでは優秀な人材であれば男性でも女性でもどちらでもよいといえます。しかし近年共働きの家庭は非常に増えていますが、結婚するとそれを期に寿退社してしまう可能性は0ではありません。そのことから身の女性に対しては長期的に働いてくれるのか否かという疑問を企業側は持っています。

家族の転勤

次が家庭を持っている女性の場合です。先程も申しましたが男性も女性もスキルがあれば戦力として違いはありません。しかし家庭を持っている女性の場合、旦那の仕事の兼ね合いも影響する可能性が高く、特に転勤が多い仕事をしていた場合、旦那について行く可能性も十分あるので企業側が長期的な戦力として考えていると採用を見送られてしまう可能性もあります。

家庭との両立の有無

最後が家庭との両立です。企業で働いている以上、どうしても急な残業や緊急事態が起こる可能性があり、どうしても家庭との両立は大変になります。これは女性だけでなく男性にも同じことが言えます。そのことから何時~何時といった時間をきっちりと区切って働くことが難しい企業では、いくらスキルがあっても採用が難しくなる可能性もあります。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが近年、男女平等に働けるよう積極的に取り組んでいる企業が増えてきたので男女が同じステージで働ける企業が多く存在します。しかし転職となると長期的な戦力を求めている企業は女性に対して、結婚したら寿退職してしまうのではないか、家庭を持っていたら旦那が転勤してしまうと会社を辞められてしまうのではないかという考えから、採用を見送られてしまう可能性もあります。また企業で働く以上、急な残業や緊急事態が起こる可能性は十分考えられるので男女のみならず家庭との両立が難しくなってしまうのも事実です。

©転職の取扱説明書 . All Rights Reserved.