Search

工場系に転職を考えているならフォークリフト運転者の免許を取得しよう

転職を考え、求人サイトや求人情報誌、ハローワークなどで求人を探していると、以外にも募集しているものに多いのが工業系とくに工場での仕事が目に入ってくることと思います。しかもジャンルも様々で幅広い分野の仕事があり、その理由として日本は世界有数の工業大国だからということが言え、転職者への需要も非常に高いものになっています。そこで今回は幅広い分野の中でも工場で働くのに必要不可欠なフォークリフト免許を取得するメリットを話していきたいと思います。

難易度が低い

まずフォークリフトの免許を取得するに学科講習と実技講習を4日程度受けた後に試験が行われ、合格すると免許取得できるという流れになっているので、この講習さえきっちりと受けておけば合格率はほぼ100%であり、けして選ばれた人のみしか合格出来ない試験ではない為、確実に習得が狙える資格だといえます。

選択肢の幅が広がる

やはり工場といえばどの分野の仕事においてもフォークリフトの仕様が必須になってきます。そのことから例え企業から求人を出す時に部署内でフォークリフトを使用しないジャンルの仕事でもとりあえずフォークリフトの資格を持っている人を条件に掲げている企業も少なくなく、企業的には一つの分野にとらわれず、どんなことにも臨機応変に対応できる人材のほうが使い勝手がよいので、フォークリフトの免許を持っているといことは工場系に転職することにおいてはプラス面の要素しかありません。

需要が高い

上記でも話しましたが工場系に転職するのに仕様が必須なフォークリフト免許持っている人材はそれだけで即戦力になる為、需要は非常に高いといえます。またフォークリフトを取得するとなると、免許は比較的、簡単に取得できますが取得させるのに費用がかかり、人材を多く抱える企業は取得させるだけで金銭面の打撃が強く、元から取得している転職者ならば費用もかからず、運転技術もあるので人材自体も需要が高いと言えます。

ここまで色々と話してきましたが工場系に転職を考えているならばフォークリフトの免許を事前に取得しておくことをオススメします。
資格自体は国家試験ながらも取得が簡単ですが、工場においてフォークリフトは必要不可欠なものであり、持っていれば求人を選択する幅が広がります。またフォークリフト免許を取得している人材自体に需要があり、転職の際は持っておいて損がない資格といえます。

©転職の取扱説明書 . All Rights Reserved.