Search

履歴書と職務経歴書をとことんまでわかりやすく書くと内定率アップ

うそだと思っていませんか。履歴書と職務経歴書をとことんまで美しく見やすく仕上げたら、内定率がアップした話。あるんです。たったこれだけの方法で?本当です。

書類選考で落ちやすい人は、まず自分の履歴書と職務経歴書を見なおしてみましょう。

見本よりももっと丁寧に作ってみる

ネットなどにも履歴書の書き方はたくさんありますね。しかし、履歴書を書く人はみんな、その見本をマネしてくるのです。そのため、代わり映えのないつまらない履歴書や職務経歴書になってしまいがちです。

典型的な見本よりも、より効果的な履歴書や職務経歴書を見本にして、さらに自分流にアレンジしてもいいでしょう。

そして履歴書は手書きよりPCのほうが読みやすくて好まれます。
たまに、飲食店などでは手書きのほうがいいという年配の人もいますが、今はPCのほうが主流になりつつあります。
ただ、PCで作成しても、名前の蘭だけは直筆で書いたほうがいいですね。字を見たいという人もいるからです。

見やすいデザインにする

履歴書はテンプレートが落ちていますから、ほぼおなじデザインですね。しかし、職務経歴書は人それぞれ、いろんなデザインで送られてきます。中には、とにかく字が詰まりすぎて読めないものも存在します。

職務経歴書のデザインも、見やすく、キレイに仕上げましょう。もちろんPCで作成するほうが望ましいです。
タイトル、表、フォント、フォントとフォントの空間、行間、などなど、それらを整えるだけで、見違えるほどに見やすい職務経歴書になるでしょう。

経歴が一目瞭然

小さな字で細かく書きすぎて読むのが億劫になったり、または何をしてきたのかわからないような内容のない内容。そんな職務経歴書では書類選考で落とされてしまいます。

自分がやってきたことを正確に伝えられるように、簡潔にわかりやすくまとめておきましょう。

履歴書や職務経歴書はいわばポートフォリオです。そのものが自分の作品だとも言えます。見難い職務経歴書を作っていると、こういう書類しか作れないんだと思われてしまうかもしれません。

美しいデザインの方法はネットでもすぐに見つかります。
職務経歴書を作る前に、まずは読みやすさを重視したデザインを決めておきましょう。

©転職の取扱説明書 . All Rights Reserved.