Search

地元で転職するメリット

転職をしようと考える理由として、キャリアアップの為や違う仕事がしてみたくなった、人間関係に疲れたなど様々な理由があると思いますが、地元を離れて就職したが地元に帰ってきたくなり転職を決断する人も少なくないと思います。そこで今回は地元で転職をすると、どんなメリットがあるか話していきたいと思います

自分が長く住んでいた地元ならばどんな職種に特化しているのか調べなくてもある程度把握できているはずです。都市部や自分になじみのない地域で転職活動をするとなると、一からその地域はどんな職種が多いのか、どんな企業があるのかを調べなくてはならなくなるので時間と手間が掛かってしまいます。しかし地元ならばそんな時間や手間が掛からなくなり、 ある程度のリサーチでどんな分野のどんな企業があるのかを把握できるので地元での転職の方が時間や手間が掛かりません。 

自分が幼い時から過ごしてきた地元ならば既に人脈が形成されているはずです。都市部や知らない地域で転職してしまうと、まっさらな状態から新たに人脈を形成しなくてはなりません。人脈は仕事をしていく上で一人では仕事は成り立たないので、最も大事なものといっても過言ではありません。そこで地元で転職すれば幼いころから築き上げてきた人脈がそのまま生かせるので、仕事上の人脈は0からのスタートではならなくなりますし、 幼いころから築き上げてきた人脈は社会人になってから築き上げる人脈よりも年月がたっている為、非常に強いものとなります。 

仕事には関係ないことですが、誰もが生きていれば必ず対応していかなければならない介護問題を地元で転職すれば解消できるのです。年をとるにつれて自分の両親や祖父母は何かしらの体のトラブルを抱えることとなります。デイサーサービスや老人ホームに頼めばよいという考えを持っている方もいるかもしれませんが、このような介護問題はいきなり起こるのです。 自分を育ててくれた両親や祖父母のもしものことを考えると地元で転職しておいた方が介護問題が起きてしまった時に柔軟に対応ができますし、何より親孝行になります。 

ここまで色々と話してきましたが地元で転職を決めた方が地元の特化した職種をあらかじめ把握できている分、転職の際のリサーチ時間が短く済み転職活動を円滑に進めることができます。また仕事をしていく上で最も大切な人脈形成が一から行わなくてもあらかじめされているのでこちらも有利になってきます。更に自分の両親や祖父母の介護問題の解決にもなり地元で就職すると、これだけの様々なメリットがあるのです。

©転職の取扱説明書 . All Rights Reserved.