Search

転職の理由いろいろ。きっかけとタイプ別転職活動のポイント

大学卒業後22歳で就職して60歳前後の定年まで同じ会社で働き続けることのできる人は日本ではそれほど多くありません。多くの人は何らかの理由で前の職場を離れて転職することになります。転職を決めた人には様々な理由があります。また、その理由ごとに転職でのポイントは変わってきます。

他にやりたい仕事がある

転職理由として最も多い理由です。今の仕事以上にやりがいのある仕事を求めたり、やりたかった職業や職種への転職が多いです。この場合は転職活動時にやる気をアピールしすぎて具体的な理由が抜けてしまうことがあります。そのためやりたい職業でも自分がなぜその職業に就きたいのか自己分析とその業界や業種について深く理解したうえで転職活動を行うことが大切です。

会社に対する不満

やりたい仕事への転職の次に多い理由が会社に対する不満です。不満の中で多いのが給与に対する不満で、今の仕事より高い給与を求めて転職する人が多いようです。その他には残業が多かったり休日が少ないといった労働環境に不満を持って転職を考える人もいます。この場合転職活動のポイントとして給与や休日などの待遇面にばかり目が行き過ぎて事業内容や業務内容は二の次にならないように注意が必要です。あくまでも仕事や業務内容をメインに考えて待遇面とのマッチングを図りましょう。

会社の業績不振や倒産

会社の業績が悪化しどこまで存続できるのか不安に感じての転職や務めていた会社が倒産し、転職せざるを得ない状況になることもあります。会社の業績不振に不安を感じての転職であれば、転職希望先の企業に、自分の企業の業績が悪化すれば逃げられてしまうとの印象を抱かれかねないので、業績不振の中で自分が以前の会社でどれだけ努力したのか整理し、転職希望先の企業に説明できるようにしておくことが必要です。

知識や経験を積みたい

転職によって自分の知識の幅を広げたり、別の仕事をすることによって経験を積みたいという人がこのような理由で転職を決めています。この場合勉強したいという気持ちが強すぎて本人は前向きな気持ちで転職活動をしていても、企業側からは自社で活躍するつもりがないと考えられてしまいます。そのため勉強ありきではなく、知識や経験を積んでその会社でどう活躍したいか考えることも大切です。

まとめ

転職理由や転職先でどう活躍するかはしっかり考えて転職活動を行いましょう。

©転職の取扱説明書 . All Rights Reserved.